インターネット予約
facebook

医師紹介

産婦人科医師

理事長・院長 𡈽屋 清志(つちや きよし)

理事長・院長 土屋 清志

  認定資格

 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
 母体保護法指定医
 医学博士


  所属部会

 日本産科婦人科学会


  経歴

 1984年 群馬大学医学部卒業
 1989年 群馬大学医学部大学院卒業
 1992年 済生会前橋病院産婦人科医長
 1996年 大宮赤十字病院産婦人科部長
 2000年 杏林大学医学部附属病院産婦人科教室講師
 2005年 ファウンズ産婦人科病院院長
 2010年 府中の森土屋産婦人科開院
 2013年 医療法人社団均禮会設立

 ■ 群馬大学にて、体外受精・肺移植・腹腔鏡手術を研鑽する。
   不妊治療後の妊産婦さんを応援します。
 ■ 杏林大学にて総合周産期母子医療センター開設に従事する。
   医療連携を必要とする妊産婦さんを応援します。
 ■ 開業助産師との医療連携“ハンズの会”を設立する。
   自然分娩、正常分娩の質の向上や開業助産師の活躍を応援します。


  受賞

■ 第16回 村松志保子賞 (2014年7月20日表彰されました)

村松志保子氏は明治時代に女医から産婆(助産師)になり、劣悪なる母子保健の状況の中、母子とその家族のために貢献し、質の高い産婆教育に情熱を捧げました。同氏の志を継承し発展させるための顕著な功績があった方々が表彰されています。

■ 第7回 ひまわり褒賞 (2015年10月15日表彰されました)

"ひまわり褒賞"は、毎回、母子保健や子育て支援の分野を中心に、大きな功績のあった方々が表彰されています。

産婦人科医師

医師・勝又 木綿子 (杏林大学保健学部 准教授)

勝又木綿子

  認定資格

日本産科婦人科学会産婦人科専門医

  所属部会

日本産科婦人科学会

  経歴

杏林大学大学院医学研究科修了
杏林大学区医学部助手
ファウンズ産婦人科病院 
きよせの森総合病院             

小児科医師

山下 裕子(杏林大学小児科学教室所属)

  認定資格

日本小児科学会小児科専門医

  所属部会

日本小児科学会

中川 美和(杏林大学小児科学教室所属

中川 美和(杏林大学小児科学教室所属)

  認定資格

日本小児科学会小児科専門医

  所属部会

日本小児科学会

スタッフ紹介

医療スタッフ

職種全数NCPR
Aコース認定者

クリニカルラダーレベルⅢ
アドバンス助産師

助産師20名20名15名
看護師4名4名

  • NCPRインストラクター        1名(助産師)
  • 臨床認定心理士             1名(助産師)
  • IBCLC                 3名(助産師)
  • マタニティーヨガインストラクター    3名(助産師) 1名(看護師)
  • ALSO-Japanプロバイダーコース   2名(助産師)

NCPR Aコース(新生児蘇生法 専門コース)

当院では、「すべての分娩に新生児蘇生法を習得した医療スタッフが新生児の担当者として立ち会うことができる体制」の確立を目指しています。全ての医療職者には、NCPR Aコースの取得を義務としています。

アドバンス助産師(助産実践能力習熟段階 レベルⅢ)

書類審査(臨床経験を含む)と試験を受け、合格した助産師が認定されます。助産師の実践能力の向上は,妊産褥婦や新生児に質の高い安全な助産ケアを届けるために大切です。当院では、すべての助産師がアドバンス助産師の取得ができるよう応援しています。

IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)

母乳育児を成功させるために必要な、一定水準以上の技術・知識・心構えを持つヘルスケア提供者で、全世界共通認定試験に合格した者が認定されます。
当院では、赤ちゃんに一番適した栄養は母乳であると考え、妊娠中から母乳育児を推奨しています。また、様々な母乳トラブルへの対応として、母乳外来を設け、長期にお母様を応援しています。

ALSO-Japanプロバイダーコース

医師やその他の医療プロバイダーが、周産期救急に効果的に対処できる知識や能力を発展・維持するための教育コース。全日程受講し、筆記試験とメガデリバリー(実技試験)に合格した者が、認証を受けることができる