インターネット予約
facebook

妊産婦さんの声

自然分娩
帝王切開
助産院からの転院・搬送

帝王切開

ゆっくり、ゆっくり...力を十分に出せました

ゆっくり、ゆっくり...力を十分に出せました

この子を産むまでに、助産師外来でたくさんの助産師さんとお話が出来てよかったです。
“いざ、お産”の時は、力が十分に出せた気がしました。
私のゆっくり、ゆっくりなお産を最後まで温かく心強く見守って下さった土屋先生には、とても感謝しています。スタッフの方々には、心を支えて頂きました。
だから、帝王切開が決まっても納得出来たし、見慣れた顔の中、安心して受けることが出来ました。
今、ようやく会えた我が子がこの上なく愛おしく、心から大切にしたいと思いました。
( A.S 36才 経産 )

とても素晴らしい帝王切開でのお産ができたように思います。
分娩の形にこだわって、ともすれば悲観的になるお母様もいますが、陣痛誘発・陣痛促進・吸引分娩・鉗子分娩・帝王切開...と、
お産にはいろいろあって、どんなお産も同じように大変でとても素晴らしい事だと思います。
お母さんになった時に、今までに味わったことのない感動と我が子が無条件に愛おしいと思えるようなお産が出来るよう、私たちスタッフは皆様に精一杯寄り添っていきたいと思います。

帝王切開を選択

初めてのお産が帝王切開だったので、今回下から産むことはリスクの方が心配で帝王切開で出産しようと決めていました。安全に出産する事が第一だったので、希望する出産が出来て良かったと思っています。
手術の当日は前回の思いがフィードバックして、怖くなりました。特に手術室に入って麻酔をかけるまでがとても緊張していました。でも、手術室のスタッフの方々が、助産師外来でお話をした事がある方ばかりだったので安心できました。
手術中は以前に比べて楽で、術後も驚くほど楽でした。こんなにも違うものなのかと不思議なくらいです。夫も「今回は体がとても楽そうだね」と安心しています。
これも、スタッフの方々が一生懸命ケアして下さったおかげだと感謝しています。
( S.S 32才 経産)

帝王切開を選択

前回帝王切開の方が今回下から産める可能性があった時に、再度帝王切開を選択する事は、VBAC(前回帝王切開後での経腟分娩)を選択することと同じくらい勇気のいる事だと思います。
いくつかの選択肢があった時、人は誰でも迷います。
そんな時は、“今、一番大事にしたい事は何か”を考えて下さい。
そして決断した後は迷わず、自分を信じて歩いて行って下さい。
きっと“良かった”という思いにたどり着けるはずです。 

帝王切開はお産です

帝王切開はお産です

20歳の頃から婦人科通いをしていて、今回初めての産婦人科でした。授かった奇跡を手放しで喜びたかったのですが、持病や高齢初産などのリスクを話され、不安が大きくなり土屋産婦人科に移りました。
緊張した中での受診でしたが、土屋先生の「何も問題はありません。逆に何か問題でもあるのですか?」の一言に救われました。その後助産師外来でも「泣いていいですよ」の言葉に涙があふれ出し、止まるまでずっとお話を聞いて下さり、本当に嬉しかったです。

そ して、逆子のため先生がきちんと説明をして下さり、私は帝王切開を決断しました。その時の助産師さんの「エライ、この子の将来を考えて決断したのですね。 もう立派な母親になっていますよ。」の一言、決意したものの不安を抱えている私に、入院後の流れを丁寧に話して下さった事、また「手術じゃないですよ、お 産なんだからね」の一言、本当に勇気づけられました。

帝王切開当日は、「お産なのよ」の言葉通り私の手をずっと握って下さり、本当に落ち着 きました。そして「足が出ましたよ」「あら~、おしっこしちゃったわ(笑)」「立派なものがついてますヨ」など状況を話してくれて、嬉しそうに笑いながら 「はーい、おめでとうございます!」と言ってくれた助産師さんの声が忘れられません。先生も時々声かけをして下さり、どんなBGMよりも皆様の言葉や笑い 声に安できました。
手術室では、赤ちゃんにたくさん、たくさんキスしました。点滴、心電図、酸素マスクにつながったままのカンガルーケア、初めてあげるおっぱい、母親になった事を本当に実感しました。何よりも当日の夜、我が子と添い寝で一晩過ごせた事が嬉しかったです。

これからお産を迎える人たちの中には、帝王切開という方もいるでしょう。でも、帝王切開も手術ではなくお産であるということを教えてあげたいと思います。
( T.Y 38才 初産)

出産には、帝王切開が避けられない場合があります。
その場合、母親は疑問・失望・涙・怒りなどに襲われる事があります。
なぜなら帝王切開の適応理由はわかっても、なぜ自分がそうなったかという確かな原因が、誰にもわからないからです。
もし、経腟分娩出来なかった事が悲しく思えるなら、その悲しみを素直に表し、後は時間をかけて自分で乗り越えていくしかありません。
妊娠から出産まで、女性にはそれぞれ個性があります。
帝王切開もその個性の一つと思えないでしょうか?
我が子の誕生、自分が母親になるという事には何ら違いはないのですから。
私たちスタッフは、どんな形でも良いお産だったと思ってもらえるように、皆様を応援していきたいと思っています。 

“家族っていいな”

“家族っていいな”

普通のお産て聞くと、普通ってなんだろうと思います。自分がまさか帝王切開になるなんて思ってもいなくて・・・。今までの人生で一番辛かった経験であり、 一番ホッとした経験です。分娩後の先生の説明で、帝王切開の必要性が理解出来て、今は明るい気持ちで育児に向き合っています。
スタッフの方々もお部屋にたくさん顔を見せて下さり、おっぱいの事もいろいろ教えて頂き感謝しています。
今回のお産で何より嬉しかった事は、夫の本当の優しさに触れる事ができたことです。“家族っていいな”と心がとっても温かくなりました。
( J.S 35才 初産)

家族とは、個人の利己的な行動を前提としているものではなく、夫婦・親子の利他的な行動を基本とするものです。お互いを思いやる心があれば、それは素敵な家族の始まりです。
さあ、家族が一人増えました。
ひと回り大きな輪となって、自分たちの歴史を築いていって下さい。 

育児に夢中!

育児に夢中!

10ヵ月に入ってから妊娠高血圧症候群(PIH)のため入院することになり、入院時に先生から帝王切開になる可能性がある事を説明されていました。でも、先生は「出来るだけ自然分娩が出来るよう考えていきますので、頑張って下さい。」と、応援して下さっていました。
そんな中で突然帝王切開になって少しびっくりしましたがある程度の覚悟もしていました。
結果的に少し小さかったけれど、元気な子供が生まれてとてもうれしかったです。
「なぜ私が帝王切開に・・・」なんて思う暇もなく、今は育児に夢中です。
顔や手足のむくみも日に日に軽減し、助産師さん達に、「別人みたい!」と驚かれています。
( A.T 39才 初産)

入院中は本当に赤ちゃんの事を考え、よく頑張っていましたね。
院長はギリギリまで様子を見ましたが、母児の安全のために帝王切開を決断しました。
小さいけれど元気いっぱいの赤ちゃんを迎えたあなたと、ご主人様の嬉しそうな笑顔が忘れられません。きっと素敵な家族になっていく事でしょう。 

納得はしているのですが...

納得はしているのですが...

助産院で自然分娩をしたくて、妊娠中いろいろ頑張ってきました。良い思う事は自分なりに取り入れて夫の立ち会いのもと、理想のお産を夢見ていました。でもそれはみごとに打ち砕かれ、土屋産婦人科に運ばれ、帝王切開になりました。
分娩の経過で心音が落ちて赤ちゃんが危険になった事は自分でも判ったので、緊急の帝王切開は仕方なかったし、良かったと思っています。

でも何日か過ぎてみると、妊娠中の何がいけなかったのか、どうすれば良かったのか、自分がどうして帝王切開になってしまったのか、いろいろな事が頭をかすめて涙が出てしまいます。納得はしているのですが・・・。
今は目の前の元気な赤ちゃんをとても大切だと思え、育児を頑張ろうと思っています。
( E.S 37才 初産 )

帝王切開に関する複雑な思いは、自分の中で乗り越えていかなければいけない事なのかもしれません。
早急に答えを見つけようとせず、じっくり時間をかけて向き合ってください。